一生の間に注文住宅を何度も作る人ならいざ知らず、大概の方は人生で初めての経験になるでしょう。
そこでの打ち合わせについては、何から始めてどういう流れになるのか、事前には分かりません。
建築メーカーや施工会社の言うままに席に着くだけで終わってしまう場合もあります。
予めどんなことが話し合われるのか、知っておく方が後々困らなくて済みます。
お金を出すのですから、自分の思いを伝えるための準備をしておいて損はありません。

注文住宅の打ち合わせの流れ

注文住宅の打ち合わせの流れ 注文住宅発注においては最初から施工会社を確定して打ち合わせをするケースもありますが、たいていは種々の住宅メーカーに話を聞いてから決定することが多いです。
自分のイメージに合う住宅を作っているメーカーを選び、趣味の合う建築家と話をしたいと思うはずです。
そこで、建てようと思う住宅に関してメーカーと打ち合わせに至る前に、担当者と時間をかけて話をする機会を持ちましょう。
仕事とはいえ担当者の人柄を気に入って、信頼関係を築いてから注文をするケースも多々あります。
単なる契約関係であると割り切らず、世間話からでも良いので担当者と連絡を密に取りましょう。
注文住宅についての打ち合わせは建売やマンションを買う場合に比べて長丁場になりがちです。
流れについても担当者との付き合いを通して予め話しやすい人と付き合ってください。

注文住宅はしっかりアフターサポートしてもらえることが大切

注文住宅はしっかりアフターサポートしてもらえることが大切 注文住宅で夢のマイホームを手に入れたいと考えている方は多いですが、住居は建てた後が重要だと考えられていることからハウスメーカー選びをする際には、十分なアフターサポートや保証の比較を行うことが大切です。
昔に比べて注文住宅は建築技術が発達したこともあり、多くの方が長期にわたって住むことが可能になっています。
そのため大手のハウスメーカーでは独自のアフターサポートの提供や、保証内容の充実に力を入れるようになっています。
どのような住宅も欠陥はなくとも、長く生活をしていくと住居は様々な不具合が発生する可能性が高いです。
日本政府は平成12年4月1日より品確法を改正し、住宅の品質確保の促進等に関する法律を定めたことにより、住宅を建てる際には最低10年間は無償で保証期間を設けるように義務付けています。
そこで注文住宅を受けている大手のハウスメーカーは、ローコスト住宅とのサービスの差を付けるためにも、アフターサポートとして10年目以降のアフターサービスや保証の延長制度を充実させるようになっています。
そこで格ハウスメーカーの保証内容をチェックする上で、確認しておくべきなのが引き渡しから無料で保証してくれる「初期保証」、条件付きで保証期間を延長した場合の最長保証期間である「最小保証」、初期保証以降で延長を行う場合の条件である「延長条件」です。
ハウスメーカーによっては初期保証は30年、最長保証が60年から永年、延長条件として10年ごとの有償点検や補償が受けられる内容となっています。

注文住宅のお役立情報

霧島 注文住宅

新着情報

◎2020/10/28

インテリア一式にかかる費用目安
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「住宅 打ち合わせ」
に関連するツイート
Twitter